Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年の新種マルウェアは200万件超 - G Dataレポート

G Data Softwareは、2010年下半期のマルウェアの動向についてレポートを取りまとめ、発表した。

レポートによれば、同社が2010年下半期に定義ファイルであらたに対応したマルウェアは107万6236件。上半期も合わせた年間件数は209万3444件で、2009年の158万8005件を上回り過去最高となった。1日平均5735件が発生した計算になるという。

月別の増加傾向を見ると、2月と3月と5月が20万件以上と目立ったが、その後やや減少傾向となった。しかし、10月と11月に再び20万件以上発生したため、前年を上回る結果となった。

下半期に出現したマルウェアを種類別に見ると、「トロイの木馬」で全体の41.6%を占め最多だった。さらに「ダウンローダー/ドロッパー(22.3%)」「バックドア(13.9%)」「スパイウェア(10.5%)」と続く。

(Security NEXT - 2011/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET