Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ普及促進委員会、クラウドをテーマにしたセミナーを開催

官民が共同で運営しているセキュリティ普及促進委員会は、情報セキュリティ月間にあわせ、イベントの開催やポスターの配布など活動を展開する。

2月22日にクラウドコンピューティングをテーマとして扱うセミナー「次世代の情報セキュリティの在り方と今後の方策」を都内で開催するほか、セキュリティ対策の啓発を目的とした1万枚のポスターを配布する。

同セミナーでは、基調講演に中央大学教授の土居範久氏が登壇するほか、IPAセキュリティセンターで情報セキュリティ技術ラボラトリー長を務める小林偉昭氏による「クラウドセキュリティへの取り組み」と題した講演やセキュリティベンダーによるセッション、パネルディスカッションなどが予定されている。

対象者は、企業や官公庁、地方自治体のIT管理者や情報セキュリティに関心があるユーザーで定員は300人。受講料は無料。申し込みは専用サイトで受け付けている。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
FIDOアライアンス、12月に都内でセミナー開催
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 姫路商工会議所