Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を学ぶことができる「AppGoat」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性の体験型学習ツール「AppGoat」を公開した。

同ツールは、脆弱性の発見方法や対策を実習を通じて学ぶことができるソフトウェア。フォティーンフォティ技術研究所が開発を担当した。同機構サイトやベクターのウェブサイトよりダウンロードできる。

テーマごとに演習問題を用意しており、「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」などウェブアプリや、「バッファオーバーフロー」「リソースリーク」などサーバやデスクトップアプリケーションの脆弱性について学ぶことが可能。開発初心者から上級者まで利用できる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」