Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を学ぶことができる「AppGoat」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性の体験型学習ツール「AppGoat」を公開した。

同ツールは、脆弱性の発見方法や対策を実習を通じて学ぶことができるソフトウェア。フォティーンフォティ技術研究所が開発を担当した。同機構サイトやベクターのウェブサイトよりダウンロードできる。

テーマごとに演習問題を用意しており、「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」などウェブアプリや、「バッファオーバーフロー」「リソースリーク」などサーバやデスクトップアプリケーションの脆弱性について学ぶことが可能。開発初心者から上級者まで利用できる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校