Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を学ぶことができる「AppGoat」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性の体験型学習ツール「AppGoat」を公開した。

同ツールは、脆弱性の発見方法や対策を実習を通じて学ぶことができるソフトウェア。フォティーンフォティ技術研究所が開発を担当した。同機構サイトやベクターのウェブサイトよりダウンロードできる。

テーマごとに演習問題を用意しており、「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」などウェブアプリや、「バッファオーバーフロー」「リソースリーク」などサーバやデスクトップアプリケーションの脆弱性について学ぶことが可能。開発初心者から上級者まで利用できる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
不正アクセスで個人情報流出か、データ消失も - 城南進学研究社
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市