Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を学ぶことができる「AppGoat」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性の体験型学習ツール「AppGoat」を公開した。

同ツールは、脆弱性の発見方法や対策を実習を通じて学ぶことができるソフトウェア。フォティーンフォティ技術研究所が開発を担当した。同機構サイトやベクターのウェブサイトよりダウンロードできる。

テーマごとに演習問題を用意しており、「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」などウェブアプリや、「バッファオーバーフロー」「リソースリーク」などサーバやデスクトップアプリケーションの脆弱性について学ぶことが可能。開発初心者から上級者まで利用できる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御