Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性を学ぶことができる「AppGoat」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性の体験型学習ツール「AppGoat」を公開した。

同ツールは、脆弱性の発見方法や対策を実習を通じて学ぶことができるソフトウェア。フォティーンフォティ技術研究所が開発を担当した。同機構サイトやベクターのウェブサイトよりダウンロードできる。

テーマごとに演習問題を用意しており、「クロスサイトスクリプティング」や「SQLインジェクション」などウェブアプリや、「バッファオーバーフロー」「リソースリーク」などサーバやデスクトップアプリケーションの脆弱性について学ぶことが可能。開発初心者から上級者まで利用できる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI