Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットネットの活動停滞でスパムの減少傾向が続く - メッセージラボまとめ

メッセージラボジャパンは、1月におけるスパムやウイルスの状況について取りまとめた。大規模ボットネットの活動停滞の影響で、スパムの割合が減少している。

レポートによれば、マルウェアをホストしている不正サイトは、前月から21.5ポイントの減少。1日あたり平均2751件発見されている。ブロックされたサイトの44.1%が1月にあらたに遮断されたもので、またウェブベースのマルウェアの21.8%もあらたに確認された新種だった。

ウイルス感染メールは364.8通に1通の割合で検出され、前月比0.3ポイントの下落した。不正サイトへのリンクを含むメールは全体の65.1%で前月比2.5ポイント減となった。フィッシングメールの割合は409.7通に1通で大きな変化はなかった。

2010年末からスパムメールの減少が目立っており、1月の全メールに占める割合は78.6%と、前月比3.1ポイント下落した。減少の原因として、まず「Rustock」「Lethic」「Xarvester」など大規模ボットネットの活動停滞が挙げられる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も