Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認に問題、携帯電話販売業者に是正命令 - 総務省

総務省は、携帯電話の新規契約時における本人確認に問題があったとして、ティーガイアと兼松コミュニケーションズへ是正命令を行った。

同省によれば、ティーガイアでは、2008年4月から2009年2月までに19件の契約において違反があった。また兼松コミュニケーションズについても2009年1月から同年9月までに5件で正しく本人確認が行われていなかったという。

同省では携帯電話不正利用防止法違反に違反したとして、両社へ是正を命じるとともに、監督義務を負うNTTドコモに対して、販売業者への監督徹底を指導した。

(Security NEXT - 2010/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出
「セキュリティ質問」まで奪う「偽Apple」 - 1週間で2500件超の偽メールを観測
2要素認証のコードも窃取するフィッシング - SMSをきっかけに
ブロックチェーンによる「本人確認」システム - マネロン対策などに活用
携帯契約時の代理人本人確認に不備 - ソフトバンクに是正命令
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
DNP、マイナンバーカードのデータ取得用ミドルウェアを開発