Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス制御に関する技術情報を募集 - 総務省など3省庁

総務省、経済産業省、警察庁の3省庁は、「不正アクセス禁止法」の規定に基づき、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報を募集している。

不正アクセス禁止法では、不正アクセス行為の発生状況とともに、アクセス制御機能に関する研究開発状況の公表を規定しており、情報提供を呼びかけたもの。

募集対象となっているアクセス制御技術は、「ファイアウォール技術」「侵入検知技術」「その他認証技術」で、開発途中の技術は対象外で、実用化されているか実用可能なものに限られる。また物理的なセキュリティ技術や、3省庁の予算で開発された技術は含まれない。

応募期限は12月27日。3省庁では応募された情報について取りまとめ、2011年3月をめどに公表する予定。

(Security NEXT - 2010/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省