Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス制御に関する技術情報を募集 - 総務省など3省庁

総務省、経済産業省、警察庁の3省庁は、「不正アクセス禁止法」の規定に基づき、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報を募集している。

不正アクセス禁止法では、不正アクセス行為の発生状況とともに、アクセス制御機能に関する研究開発状況の公表を規定しており、情報提供を呼びかけたもの。

募集対象となっているアクセス制御技術は、「ファイアウォール技術」「侵入検知技術」「その他認証技術」で、開発途中の技術は対象外で、実用化されているか実用可能なものに限られる。また物理的なセキュリティ技術や、3省庁の予算で開発された技術は含まれない。

応募期限は12月27日。3省庁では応募された情報について取りまとめ、2011年3月をめどに公表する予定。

(Security NEXT - 2010/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
日産化学工業、不正アクセスに関する調査結果を公表 - 痕跡は確認されず
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
「STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2017」がスタート - 「パスワードリスト攻撃」による被害軽減目指す
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ