Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、iPadなどの遠隔ロックや消去が行える試験サービスを開始

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、「iPad」や「Android」搭載端末のセキュリティ機能を一元管理できる「IIJ Smart Mobile Manager試験サービス」を開始した。

同サービスは、セキュリティ対策や設定をネットワーク経由で一元管理できるサービス。専用サイトから対象デバイスを登録するだけで利用することが可能で、遠隔から端末をロックしたり、データの消去、機能の制御、アプリケーションの設定が可能。

対象端末は、Appleの「iPad」とソニー・エリクソンの「Xperia SO-01B」。同社では、2011年4月30日まで機能を限定し、試験サービスとして無料で提供する。2011年4月以降にカメラやGPSなど端末機能の制限やアプリケーションの起動制御、パスワード利用の義務化など機能を追加する予定。

(Security NEXT - 2010/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供