Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信ドメイン認証で迷惑メール対策を推進する業界団体「dkim.jp」が設立

ヤフーやニフティなど6社は、迷惑メール対策に有効な送信ドメイン認証技術「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」の普及に向けたワーキンググループ「Japan DKIM Working Group(dkim.jp)」を設立した。

スパムやフィッシングなど、迷惑メールがインターネット利用者や事業者に被害を及ぼすとして、同ワーキンググループでは事業者間で連携し、送信者の身元を判別する送信ドメイン認証技術「DKIM」の普及を目指す。

発起人は、ヤフー、ニフティ、楽天、センドメール、インフォマニア、パイプドビッツの6社で、さらに18社が参加。またオブザーバーとして総務省、日本データ通信協会、JPCERTコーディネーションセンター、フィッシング対策協議会、eビジネス推進連合会が参加している。

「DKIM」は、電子署名技術を活用しておりメールアドレスの詐称にくわえ、メール本体の改ざんについても検知することが可能。IETFによって標準化が提唱されており、「RFC 4871」として承認されている。

(Security NEXT - 2010/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大