Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2.1%の企業でサイバー攻撃被害、4分の1で「ウェブ改ざん」 - ウイルス感染は2割弱

情報処理推進機構(IPA)は、2009年の国内における情報セキュリティの対策状況や被害実態について把握するため、全国の1万2000社を対象に郵送によるアンケート調査を行い、報告書として取りまとめた。

同アンケートは5月から7月にかけて実施し、有効回答は1658。報告書によれば、ウイルスへ遭遇した企業は、「W32/Autorun」がやや沈静化したことを背景に前年60.9%から2009年は57.6%へとやや低下した。19.7%が実際に感染被害を経験している。

感染経路としては、サイト閲覧といったインターネット接続(48.3%)がトップ。「外部媒体・持ち込みパソコン」も48%と僅差で続いた。またメールについても45.2%と高い割合を示している。

サイバー攻撃を受けた企業は9.6%で、2.1%で被害が発生している。被害を受けた企業の26.5%が「ウェブサイト改ざん」で、ウェブサーバや業務用のサーバ停止がそれぞれ14.7%。攻撃の手口は「DoS攻撃」が26.6%、「標的型攻撃」と「Gumbler」がいずれも13.9%だった。また手口がわかっていないケースが25.3%上っている。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3社に1社、運用ミスで月に1度はトラブル - スキル不足が課題
高校生の約9割、SNSへの個人情報掲載が危険と認知
2016年2Qのクレカ不正使用被害額は35.7億円 - 番号盗用被害が増加
気になる「隣のCSIRT」、業務内容など実態調査 - 予算の出所なども
小中学生の情報モラル診断、「法」に関する知識が低い傾向
2016年のセキュリティ投資、3割弱が前年度上回る - 業種や規模で対策状況が二極化
2割強の乳幼児、スマホの画面ロックを解除 - 有料課金50万円のケースも
6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査
標的型攻撃の大幅増加、「ばらまき型」に起因 - ただし巧妙な攻撃も増加傾向
小規模企業の約半数でBYOD - セキュリティ対策の甘さ目立つ