Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSSコミュニティ、脆弱性修正に3カ月弱 - 4年で半数が終了

NTTと九州大学は、オープンソースソフトウェアのコミュニティにおける活動実態を調査し、結果を発表した。「脆弱性」の修正に関しては中央値で約3カ月弱を要していた。半数が4年で開発を終了している。

同研究は、ネットワーク上で協調しつつソフトウェアを開発し、先進性や柔軟性から理想的なワークスタイルなどとされることも多いオープンソースソフトウェアのコミュニティについて実データをもとに活動状況を分析したもの。

実際に40万人超の開発者が参加し、約230万件のコミュニケーションが行われた「GitHub」の4万件を超えるリポジトリについてデータを収集、分析しており、「OSSの神話と真実」として結果を取りまとめた。これまでに例を見ない大規模な調査だとしている。

具体的には、OSSコミュニティにおけるコミュニケーションのスピードや活動時間、活動の継続状況などを調べた。同調査によれば、バグ修正や機能追加の要求の多くは、2週間以内に解決されていた。一方で全体の4分の1は3カ月以上要するなどばらつきが見られる。

さらに「脆弱性」の修正状況を見ると、開発者の多いOSSコミュニティであっても、中央値として3カ月弱ほど要していることが判明。なかには500日以上放置されているものもあるなど、バグや機能の改善とは異なる傾向も見られた。

(Security NEXT - 2023/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開