Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざんサイトの企業割合が17ポイント減少 - セキュアブレインレポート

セキュアブレインは、同社が7月に検知した不正サイトの状況を取りまとめた。「危険」なサイトの総数は1割弱の減少だったが、依然として5000件を超えている。

レポートによれば、7月に「危険」と判定されたサイトは5061件で、過去最高件数を記録した6月の5578件を下回った。フィッシング詐欺サイト(2345件)、不正改ざんサイト(1081件)、ウイルス配布サイト(664件)など微減しつつも前月とほぼ同水準を保っており、予断を許さない状況が続いている。

100830sb.jpg

7月に不正改ざんサイトの傾向に変化が現れており、被害の内訳において企業サイトが前月の65%から48%へと下落。一方、個人サイトが24%から47%に上昇し、ほぼ同率となった。

(Security NEXT - 2010/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測