Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

25言語対応の偽ソフト配布やスパム利用の「Gumblar」攻撃を確認 - トレンド月間レポート

トレンドマイクロは、7月に同社サポートセンターに寄せられたウイルスの感染被害報告を取りまとめた。コンピュータの言語環境に合わせて表示言語が変わる偽セキュリティソフトが確認されている。

レポートによれば、7月の総報告数は1618件で、6月の1774件から減少した。ランキング1位は前月と変わらず「WORM_DOWNAD」だったが、トップ10中5種が圏外からランクインするなど、ランキング全体に変動が見られた。

7月には、偽セキュリティソフト「TROJ_FAKEAV」に、日本語を含む25の言語に対応した新種が発生している。「SecurityTool」という名称の偽セキュリティソフトで、コンピュータの言語環境に応じて表示言語が変わるという。

多言語に対応しているのはメイン画面だけでなく、Windowsのバルーンチップの警告表示についても変化させるなど巧妙で、改ざんされた正規サイト経由でダウンロードされる「Gumblar」型攻撃での感染が確認されている。

(Security NEXT - 2010/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」