Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃が大幅減少 - ブランド悪用が3分の1へ

フィッシング対策協議会は、2010年7月に寄せられたフィッシングの報告数を取りまとめた。

7月に報告を受けたフィッシングメールは、23件で前回調査から36件減となった。またフィッシングサイトのURLについても84件から33件へ減少した。

ブランドの悪用については、5月から6月にかけて20件前後で推移するなど高水準だったが、今回の調査で前月の18件から6件へと3分の1の水準まで下がり、改善が見られている。

ただし、国内のブランドを利用するケースも同協議会に報告されており、予断を許さない状況だ。また長期休暇中はフィッシングの被害が発生することが予測されるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇