Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSSECのルートに正式署名が追加、運用が開始

DNSのセキュリティ面を強化したDNSSECの正式運用が7月15日より開始された。

DNSSECは、ドメイン名の解決時に電子署名を付加することで、改ざんなどを検知を実現する次世代DNS技術。従来より検証不可能な署名データにより動作確認が実施されてきたが、6月に署名データの追加が決定し、7月15日にDNSのルートゾーンへ正式な鍵によるDNSSECの署名データを追加した。

従来は、各ゾーンにおいてTLDが公開する公開鍵を個別に入手して設定する必要があったが、ルートゾーンに署名が追加されたことで、検証が可能となっている。

一方、関連する話題として「BIND 9.7.1」「同9.7.1-P1」でDNSSECを運用する際、署名情報を格納する「RRSIGレコード」の処理に不具合が見つかっている。DNSSEC運用時にDoS攻撃を受ける可能性があるため、セキュリティ関連機関がアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「PowerDNS Recursor 4.1.9」がリリース - 脆弱性2件を修正
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も