Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティキャンプの参加者を募集 - 今年は「ソフト」「ウェブ」「ネットワーク」に細分化

情報処理推進機構(IPA)は、学生を対象とした「セキュリティ&プログラミングキャンプ2010」を8月12日により4泊5日の日程で開催する。同機構では現在参加者の募集を行っている。

同イベントは、有識者による講義などを通じて、情報セキュリティやプログラム技術や意識の向上を目指すイベント。毎年実施しており今回で7回目を迎えた。

今回のキャンプではセキュリティコースを充実させ、「ソフトウェア」「ウェブ」「ネットワーク」へ細分化。それぞれの分野に関するセキュリティの専門知識を学習する。

同イベントは、22歳以下の学生を対象としており、参加費用は無料。募集人数は60人程度で、募集期間は、6月18日より7月5日17時まで。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供