Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月の改ざんサイト検知数は697件、6割弱が「Gumblar」起因 - 個人ブログが標的に

セキュアブレインのまとめによれば、4月の不正サイトは調査開始以来最高を記録した。フィッシングサイトも増加している。

同社が展開する不正サイトチェックサービスにおいて、4月の検知状況を取りまとめたもの。「危険」と判定されたサイトは4058件で、前月の4047件をわずかながら上回り、調査開始以来最高を記録した。またフィッシングサイトも2109件で過去最多だった。

100526sb.jpg
フィッシングが2109件で過去最多を記録(グラフ:セキュアブレイン)

改ざんサイトの検知数は前月の609件から増加して697件。そのうち「Gumblar」型攻撃が原因と見られる改ざんは56.4%で、2010年2月の80.8%をピークに減少しているが、依然として半数以上を占めている。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ