Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リムーバブルメディア経由で感染するマルウェアが1位と3位に - マカフィー第1四半期レポート

一方、スパム流通量は2009年第4四半期から5ポイント増加し、1日あたり約1390億通。全流通メールの89%を占める。流通量は一時減少傾向にあったが、現在は2008年中ごろの水準に戻っているという。精力増強剤に関するメールで全体の71%を占めた。

国内に限って見ると、配信状態を通知する「DSN」メッセージの割合が非常に高かったという。必ずしも不正なものではないが、偽の差出人アドレスに送信したメールが戻されるとスパムになる。シンガポールおよび香港でも同様の傾向が見られた。

このほか、ハイチやチリで発生した大地震の救済活動に便乗した詐欺行為が急増した。また検索エンジンを悪用する攻撃も、昨年から引き続き目立っている。

トヨタのリコール問題やiPad発売、有名スポーツ選手のスキャンダルなど、ユーザーの関心の高いニュースを検索した場合、上位に不正サイトへ誘導するリンクを表示させる。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談