Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施設利用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪の障害者支援センター

大阪府発達障害者支援センター「アクトおおさか」において、利用者の個人情報など含むUSBメモリの紛失が発生した。

大阪府から委託を受けて同センターを運営している北摂杉の子会によれば、紛失したUSBメモリにはセンター利用者3人の氏名、性別、生年月日、診断名、障害手帳の種類、支援経過が保存されていた。このほか、研究用の内部資料として利用者1人の個人情報が含まれている。

職員が自宅で作業するために持ち帰っていたもので、5月16日に紛失していることが判明。同日中に警察へ届け出たが見つかっていない。

同センターでは、対象となる利用者および保護者に説明と謝罪を行い、了承を得ている。

(Security NEXT - 2010/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
所在不明だった受託USBメモリを回収して返却 - 印刷事業者
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院