Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施設利用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪の障害者支援センター

大阪府発達障害者支援センター「アクトおおさか」において、利用者の個人情報など含むUSBメモリの紛失が発生した。

大阪府から委託を受けて同センターを運営している北摂杉の子会によれば、紛失したUSBメモリにはセンター利用者3人の氏名、性別、生年月日、診断名、障害手帳の種類、支援経過が保存されていた。このほか、研究用の内部資料として利用者1人の個人情報が含まれている。

職員が自宅で作業するために持ち帰っていたもので、5月16日に紛失していることが判明。同日中に警察へ届け出たが見つかっていない。

同センターでは、対象となる利用者および保護者に説明と謝罪を行い、了承を得ている。

(Security NEXT - 2010/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
市施設利用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 古河市
住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大