Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本店含む10店舗で顧客情報1万5000件の紛失が判明 - 新潟労金

新潟県労働金庫の本店営業部や支店において、顧客情報が記載された書類の紛失が判明した。

本店営業部のほか、新潟南支店、東新潟支店など9支店において顧客情報含む書類が所在不明となっているもの。一部支店において保管書類を紛失したことをを受け、全店調査を実施した結果、判明した。

紛失したのは、財形貯蓄関連の書類や変更届のほか、印鑑届、ローンや為替、納税関連の書類など、1991年度から2008年度にかけて作成した書類で、記載されていた情報は書類によって異なるが、氏名、住所、電話番号、口座番号などが含まれる。

変更届など件数を把握できない書類が含まれているが、推定で重複を含め1万5000人分の個人情報が記載されていた。同労金によれば、通常これら書類は施錠管理されており、外部へ流出した可能性は低く、紛失した情報の不正利用なども報告されていないという。

(Security NEXT - 2010/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市