Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市

群馬県桐生市は、健康診査に関する帳票を廃棄するため運搬していた際に路上へ落とし、一時紛失していたことを明らかにした。同書類は翌日回収されている。

同市によれば、2020年度に実施した健康診査の記録票や受診券を廃棄するため、3月22日に清掃センターへ運搬していた際、段ボール箱1箱を路上に落とし、一時紛失したもの。

一時紛失した段ボールには、1914人分の健康診査記録票と受診券が入っており、記録票には氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、健診結果など個人情報が記載されていた。

翌23日に近隣住民から市役所に連絡があり問題が判明。同日職員が現地で書類を回収するとともに、落下現場付近や搬送ルートについて確認した。

同市では今回の問題を受け、個人情報が記載されていた対象者に経緯を説明し、謝罪する文書を送付した。

また廃棄文書を運搬する際は、積載時と廃棄時に箱数を確認することや、トラック使用時に積載物の落下対策を講じたり、安全確認のため後続車を配置するなど廃棄時のルールを定めるとしている。

(Security NEXT - 2024/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加