Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含むUSBメモリを持ち出し紛失 - 静岡県立特別支援学校

静岡県立藤枝特別支援学校の教諭が、生徒の個人情報や指導計画などを保存したUSBメモリを自宅に持ち帰り、紛失していたことがわかった。

所在が不明になっているUSBメモリには、生徒6人分の個別指導計画や進路指導記録のほか、生徒25人分の氏名および連絡先などが保存されていた。教諭は2月16日に許可を得ずUSBメモリを持ち帰り、自宅で使用。20日に再び使用しようとしたところ、紛失に気付いたという。

職員で捜索し、警察へ被害を届けているが発見されていない。同校では、対象となる生徒および保護者に説明や謝罪を行うなど対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院