Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ製ルータ向けにウェブレピュテーション機能を提供 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、ヤマハ製ファイアウォールルータ「SRT100」向けに、ウェブセキュリティサービスを、2月下旬より提供開始する。

同サービスは、従業員100人以下の中小企業における利用を想定したヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」に、ウェブセキュリティ機能を提供するもの。同社では、すでに簡易検疫機能を提供しており、今回サービスの範囲を拡大する。

同サービスを活用することにより、評価情報に基づいて不正サイトへの接続を未然に防ぐ「ウェブレピュテーション」機能のほか、業務に関係のないサイトの閲覧を規制するURLフィルタリング機能が利用できる。

価格は、ウェブレピュテーションとURLフィルタリングを搭載した「Trend Micro Standard Web Security for Yamaha」が6万3000円。ウェブレピュテーションのみの「Trend Micro Web Security for Yamaha」が3万1500円。

(Security NEXT - 2010/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ