Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの安全利用を解説したPDFを配布 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティ対策について解説した「電子メール利用時の危険対策のしおり」を作成し、配布を開始した。

同資料は、個人や企業におけるセキュリティ対策についてわかりやすく解説したもので、メールの誤送信防止やBCCの利用、暗号化、標的型攻撃などを説明。PDFで提供しており、同機構サイトよりダウンロードすることができる。非営利の利用であれば印刷して配布することができる。

同機構では、ほかにも「ウイルス対策のしおり」「スパイウェア対策のしおり」「ボット対策のしおり」「不正アクセス対策のしおり」「情報漏えい対策のしおり」「インターネット利用時の危険対策のしおり」など6種類について配布している。

(Security NEXT - 2009/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
政府、セキュリティ啓発でTVアニメ「BEATLESS」とタイアップ