Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス検出数は同水準ながらも、「ワンクリック詐欺」が過去最悪を更新 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2009年11月のウイルスや不正アクセスに関する届け出状況をまとめた。増加傾向にあった偽セキュリティ対策ソフトは減少する一方、「ワンクリック不正請求」の相談件数が過去最悪を記録している。

レポートによれば、11月のウイルス検出数は約7万件で、10月の約7万件とほぼ同水準となった。同日中に発見した同種のウイルスを1件とカウントする届出件数は1140件で、10月の1210件から5.8ポイントの減少を見せた。

検出数の1位は「Netsky」で約6万2000件、2位は「Mydoom」で約3200件、3位は「Mytob」で約2200件と、順位に変化はない。また「Autorun」が約640件で4位に入ったほか、届出件数ランキングでも前月と変わらず3位を占めており、リムーバブルメディア経由で感染するウイルスが依然として広がっている。

また、9月に急増を見せた偽セキュリティ対策ソフト「FAKEAV」は減少しており、11月には増加する以前の水準まで戻った。しかし特定期間に急増する傾向があり、今後も増加傾向に転じる可能性があるとして、不審なメールや添付ファイルには注意を怠らぬよう同機構では求めている。

不正アクセスの届出件数は11件で、10月の21件から半減した。そのうち6件で被害が発生しており、内訳は侵入1件、なりすまし5件だった。不正アクセスに関する相談件数は34件で、そのうち被害のあったものは14件だった。

侵入被害は、SSHで使用するポートへのパスワードクラッキングによる不正アクセスを受け、他サイトを攻撃するための踏み台にされていたというものだった。またなりすまし被害については、オンラインゲームや中古車販売サイトで本人になりすまし、サービスを利用されていたというケースだった。

11月に同機構へ寄せられた相談件数は2315件で、過去最多件数となった。その原因として考えられるのが、「ワンクリック不正請求」の増加。903件の相談が寄せられ、過去最悪を記録した10月の793件を大きく上回った。また「偽セキュリティソフトの押し売り」行為に関する相談も6件で、前月と同数の相談が寄せられている。

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に