Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「.jp」はもっとも安全なドメイン、危険度は0.1% - マカフィー調査

マカフィーは、ドメインごとにウェブサイトの危険度を評価した年次レポート「危険なWebサイトの世界分布 」を取りまとめた。もっとも危険な国別ドメインはカメルーンの「.cm」。また商用ドメイン「.com」が、危険度2位に急浮上した。

091203mf1.jpg
マカフィーによる地図。緑が安全。赤に近づくほど危険度が高い。

同社では、ウェブサイトの安全性を評価するサービス「McAfee SiteAdvisor」のデータベースに基づいて、世界2700万のサイトおよび104のトップレベルドメインを分析。ブラウザの脆弱性を利用したエクスプロイト、フィッシング、過剰なポップアップ、悪質なダウンロードなどの項目から、各ドメインの評価を行った。

レポートによれば、調査したサイトの5.8%にセキュリティリスクが含まれ、150万以上の危険なサイトが存在することがわかった。

危険度が高かった国別ドメインはカメルーンの「.cm」で、36.7%にセキュリティリスクが含まれるとして昨年の圏外から1位に急浮上した。「.com」と似ていてタイプミスしやすいことから、タイポスクワッティングを目的とした不正サイトの開設に利用されていると同社では分析している。

一方、昨年もっとも危険と判定された香港の「.hk」は、管理者が積極的な対策を実施したことで34位に下がった。また、安全な国別ドメインは日本の「.jp」で、危険度は0.1%だった。昨年の0.13%に続き低い水準を保っている。

またジェネリックドメインの危険度ランキングでは、商用ドメインの「.com」が9位から2位に浮上した。日本には「.com」ドメインのサイトも多数存在するため、「.jp」の危険度が低いからといって日本のユーザーが安全とは言えないと同社では指摘している。

危険度の高い国別ドメインランキング

1位:カメルーン
2位:中国
3位:サモア
4位:フィリピン
5位:旧ソ連

危険度の低い国別ドメインランキング

1位:日本
2位:アイルランド
3位:クロアチア
4位:ルクセンブルク
5位:バヌアツ

(Security NEXT - 2009/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
Apple装うフィッシング再び - 偽サイトはいずれもHTTPS対応
「セキュリティ質問」まで奪う「偽Apple」 - 1週間で2500件超の偽メールを観測
迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan
韓NetSarang製サーバ管理ツールのアップデートにバックドア - 「PlugX」との類似点も