Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガの宛名に他人の氏名を記載、データ変換時の作業ミスで - 日本CFO協会

日本CFO協会は、メールマガジンを配信した際、誤った宛名を記載して送信していたことを明らかにした。配信リストの取り扱いにミスがあり、アドレスと宛名がずれてしまったという。

誤配信が発生したのは、8月31日18時に一斉送信したメールマガジン「FASSのすすめ第9弾」。送信した1万5893件のうち、1万2698件についてメールの宛名にほかの読者の氏名が誤って記載された。送信後ミスに気付き、19時20分に謝罪のメールを送信した。氏名以外の個人情報は含まれないと同社は説明している。

担当者がメールマガジンの配信リストをデータベースから抽出し、送信用のシステムへ送る際、途中から1行ずつずれていたものの、気が付かなかったという。同協会ではチェック体制の強化や送信作業のシステム化など、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
観光施設で顧客宛のメルマガを誤送信 - 身延町
フォーム送信情報を誤送信、サンプルメアドへ - 日本自然保護協会
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認