Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団

大阪コレギウム・ムジクムは、不正アクセスを受け、メールマガジン登録者に関する氏名やメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同団体によれば、1月3日に同団体が管理するサーバのメールマガジン配信用ソフトウェアが脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。

メールマガジン登録者の氏名やメールアドレスを窃取され、メールマガジン登録者に対し、同団のウェブサイトをハッキングしたという内容の迷惑メールが送信された。くわえてウェブサイトのトップページも改ざんされた。

同日、ウェブサイトが改ざんされていることに気づき、サーバを停止。1月4日にメールマガジンシステムを停止した状態でウェブサイトを暫定的に再開し、セキュリティ上の問題を修正したうえでメールマガジンシステムについても1月6日に復旧した。

同団では、対象となるメールマガジン登録者にメールで報告を行っている。

(Security NEXT - 2024/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応