Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定商取引法違反で出会い系サイト事業者を行政処分 - 法改正後、迷惑メール送信最多

経済産業省は、迷惑メールを送信していた大阪市の出会い系サイト事業者「ニュートラルインターネットリサーチ」に対し、行政処分を行った。

同社は特定商取引法のオプトイン規制に違反し、受信者の許諾を得ないで出会い系サイト「愛の方式」の広告メールを送信していたことから、同省が事前に承諾を得るよう8月26日付けで業務改善命令を行ったもの。

継続的に配信されたメールには、「同意者のみに送っている」など実際は行っていないオプトインを装っていたという。同省では、問題のメール広告を7月31日までに8000件以上確認しており、法改正が行われた2008年12月以降最多。同省の調べでは6月や7月に発生した迷惑メールの送信件数においても、もっとも多かったという。

(Security NEXT - 2009/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
再エネ事業者への出力制御指示メールが迷惑判定で未達に - 九電
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
不正データ操作や迷惑メール送信で職員を処分 - 奈良市
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市