Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定商取引法違反で出会い系サイト事業者を行政処分 - 法改正後、迷惑メール送信最多

経済産業省は、迷惑メールを送信していた大阪市の出会い系サイト事業者「ニュートラルインターネットリサーチ」に対し、行政処分を行った。

同社は特定商取引法のオプトイン規制に違反し、受信者の許諾を得ないで出会い系サイト「愛の方式」の広告メールを送信していたことから、同省が事前に承諾を得るよう8月26日付けで業務改善命令を行ったもの。

継続的に配信されたメールには、「同意者のみに送っている」など実際は行っていないオプトインを装っていたという。同省では、問題のメール広告を7月31日までに8000件以上確認しており、法改正が行われた2008年12月以降最多。同省の調べでは6月や7月に発生した迷惑メールの送信件数においても、もっとも多かったという。

(Security NEXT - 2009/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大