Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客リストを誤って一般宅へファックス送信 - 三井住友海上メットライフ生命

三井住友海上メットライフ生命保険は、個人年金保険の顧客情報が記載されたリストを、誤って一般宅へファックス送信したことを公表した。

誤って送信されたのは、個人年金保険の「申込書受付リスト」や「前日以前分未成立リスト」。契約者や被保険者など117人の氏名や保険金額、申込番号、代理店の支店名などが記載されていた。

8月12日にリストを代理店へファックス送信した際、すでに閉鎖されている支店へ誤って送信したため、以前代理店で利用されていた番号を利用している別の一般個人宅へ配信された。

同社では翌13日早朝に誤送信したファックスをすべて回収しており、流出した情報では、カタカナの氏名のみで漢字氏名や住所、電話番号など含まれておらず、流出した情報のみで個人を特定できないと説明している。また対象となる顧客に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2009/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社