Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、「Win32/Virut」の亜種に注意喚起

アンラボは、7月よりウイルス「Win32/Virut」の亜種が拡大しているとして注意を呼びかけている。

確認されている亜種は、アプリケーションなど実行ファイルに感染するほか、システムファイル「Winlogon.exe」にコードを挿入して外部のIRCサーバと通信し、不正ファイルをダウンロードするもので、セキュリティベンダーのウェブサイトへアクセスできなくなるなど不具合も生じるという。

同社では、Windowsやウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新の状態に保つことのほか、ファイル共有ソフトを使用しないよう推奨。またUSBメモリのオートラン機能をオフにすることなど、感染防止の対応を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害