Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Conficker」が再び1位、検知割合も増加 - ESETランキング

キヤノンITソリューションズは、ESETが6月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について発表した。

ESETのマルウェアランキングによれば、前回2位だった「Win32/Conficker」が再び1位に浮上した。全体に占める割合も、前回の9.98%から11.08%に増加している。

Windowsの脆弱性を悪用するもの以外に、共有フォルダやリムーバブルメディア経由で感染を広げる亜種による被害も多く、オートラン機能を悪用する亜種「INF/Conficker」が5位にランクインしている。

2位には、リムーバブルメディアのオートラン機能を悪用する「INF/Autorun」がランクイン。3位は前回と変わらず、オンラインゲームのアカウント情報を盗む「Win32/PSW.OnLineGames」だった。ランキング全体に大きな変動はなく、上位3種で全体の約3割を占めている。

また2009年前半を総括し、目立ったトピックとしてConfickerやSNSを狙った脅威、ExcelやAdobe Readerなどの脆弱性を悪用した攻撃など取り上げた。

なかでも偽セキュリティ対策ソフトも引き続き発生しており、本物と偽物の境界をあいまいにすることで正規ベンダーの信頼を失墜させるなど業界にとっても頭の痛い問題だという。また法的措置をちらつかせ、不正プログラムとして検知させないよう正規ベンダーに対しても圧力をかけるなど悪質だという。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/Conficker
2位:INF/Autorun
3位:Win32/PSW.OnLineGames
4位:Win32/Agent
5位:INF/Conficker
6位:Win32/Pacex.Gen
7位:WMA/TrojanDownloader.GetCodec.Gen
8位:Win32/Autorun
9位:Win32/Qhost
10位:Win32/TrojanDownloader.Bredolab.AA

(Security NEXT - 2009/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行