Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Conficker」が再び1位、検知割合も増加 - ESETランキング

キヤノンITソリューションズは、ESETが6月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について発表した。

ESETのマルウェアランキングによれば、前回2位だった「Win32/Conficker」が再び1位に浮上した。全体に占める割合も、前回の9.98%から11.08%に増加している。

Windowsの脆弱性を悪用するもの以外に、共有フォルダやリムーバブルメディア経由で感染を広げる亜種による被害も多く、オートラン機能を悪用する亜種「INF/Conficker」が5位にランクインしている。

2位には、リムーバブルメディアのオートラン機能を悪用する「INF/Autorun」がランクイン。3位は前回と変わらず、オンラインゲームのアカウント情報を盗む「Win32/PSW.OnLineGames」だった。ランキング全体に大きな変動はなく、上位3種で全体の約3割を占めている。

また2009年前半を総括し、目立ったトピックとしてConfickerやSNSを狙った脅威、ExcelやAdobe Readerなどの脆弱性を悪用した攻撃など取り上げた。

なかでも偽セキュリティ対策ソフトも引き続き発生しており、本物と偽物の境界をあいまいにすることで正規ベンダーの信頼を失墜させるなど業界にとっても頭の痛い問題だという。また法的措置をちらつかせ、不正プログラムとして検知させないよう正規ベンダーに対しても圧力をかけるなど悪質だという。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/Conficker
2位:INF/Autorun
3位:Win32/PSW.OnLineGames
4位:Win32/Agent
5位:INF/Conficker
6位:Win32/Pacex.Gen
7位:WMA/TrojanDownloader.GetCodec.Gen
8位:Win32/Autorun
9位:Win32/Qhost
10位:Win32/TrojanDownloader.Bredolab.AA

(Security NEXT - 2009/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト