Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSを自動判別して対応するマルウェアをダウンロードさせる攻撃 - Dr.Webレポート

ネットフォレストは、Doctor Webがまとめた6月のウイルスやスパムの傾向について発表した。メールを介してマルウェアに感染させようとする動きが、より巧妙化して広がっているという。

6月に同社があらたに対応したマルウェアの件数は1万9746件。同レポートによれば、6月には、縮小傾向にあったメールを介して拡散するウイルスが再び活発化し、手口もより巧妙化しているという。

グリーティングカードを装ったものや、有名なメールソフトのアップデートを騙るもの、またアダルト動画を見るために必要なコーデックを装ったものが確認されている。

また6月には、「Twitter」を狙った攻撃が多発。人気ブログにマルウェア配布サイトのリンクを張ることで感染被害が拡大。OSに対応したマルウェアがダウンロードされる仕組みを利用し、「Windows」と「Mac OS X」のユーザーを対象とした攻撃手法が発生している。

さらに6月は、フィッシングメールの送信数が増加した。詐欺の手法も、銀行やPayPal、ネットオークション、オンライン書店のユーザーを狙うなど、多岐にわたっている。

迷惑メールでは、歌手のマイケルジャクソンさん死亡のニュースやイランの大統領選挙など、話題のニュースでユーザーの関心を引こうとするものが目立った。同社がまとめたウイルスの検出状況は以下のとおり。

メールサーバ上の検出ウイルス

1位:Win32.HLLM.Netsky.35328
2位:Trojan.DownLoad.36339
3位:Win32.HLLM.MyDoom.33808
4位:Win32.HLLM.Beagle
5位:Trojan.Botnetlog.9
6位:Win32.HLLM.MyDoom.based
7位:Trojan.MulDrop.19648
8位:Win32.HLLM.Beagle.32768
9位:Trojan.MulDrop.13408
10位:Win32.HLLM.MyDoom.44

ユーザーPC上の検出ウイルス

1位:Trojan.DownLoad.36339
2位:Trojan.Botnetlog.9
3位:Win32.HLLM.Beagle
4位:Win32.HLLM.Netsky.35328
5位:Win32.HLLW.Gavir.ini
6位:Win32.Virut.14
7位:Win32.HLLW.Shadow.based
8位:Win32.HLLM.MyDoom.49
9位:DDoS.Kardraw
10位:Trojan.MulDrop.16727

(Security NEXT - 2009/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に