Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス配布サイトのブロック機能を追加した「Internet SagiWall」最新版

セキュアブレインは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「Internet SagiWall 2.0」を提供開始した。

同製品は、ワンクリック詐欺サイトやフィッシング詐欺サイトなど、ユーザーに被害をもたらす危険性が高いウェブサイトを検知して、自動的にブロックするセキュリティ対策ソフト。

ヒューリスティック検知エンジンを搭載しており、サイトのコンテンツやリンク、スクリプト、プログラムなど複数の要素を分析して判断するため、未知の危険サイトにも対応する。

今回発売される最新版では、ウイルスや偽セキュリティソフトをダウンロードさせるサイトをブロックする新機能が追加。ウイルス感染を引き起こす不正なスクリプトを検知し、ダウンロードする前に接続を遮断し、感染を防ぐ。

価格は初年度2980円。1年ごとの更新料が別途必要。

(Security NEXT - 2009/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル