Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

青年を対象とした合宿イベント「セキュリティ&プログラミングキャンプ」が今年も開催

情報処理推進機構(IPA)とセキュリティ&プログラミングキャンプ・コンソーシアムは、22歳以下の学生を対象に「セキュリティ&プログラミングキャンプ2009」を開催する。現在、参加希望者を募集している。応募締切は7月6日。

同キャンプは、IT分野の人材発掘や育成を目的としたイベント。今回で6回目を迎えた。情報セキュリティやプログラミングに関する講義を通じて、技術面、モラル面、セキュリティ意識、職業意識などの向上を目指している。

セキュリティコースでは、全員参加の「基本科目」にくわえ、ウェブアプリの脆弱性やセキュリティ診断、プログラム開発など学ぶ「Webセキュリティクラス」やセキュアOSやDNSの運用を学ぶ「セキュアサーバ構築クラス」はじめ、「ネットワーク技術者クラス」「バイナリ解析クラス」など専門科目を用意。

さらに自由選択科目として「ハニーポット」「無線LANのセキュリティ」「暗号理論と暗号解読」といった講義のほか、企業見学会やグループ演習なども予定されている。

開催日程は8月12日から16日までで、会場は千葉県美浜区の海外職業訓練協会(OVTA)。対象者は国内に居住する22歳以下の学生で定員は60人。参加費は無料。

(Security NEXT - 2009/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト