Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

四半期であらたに1200万のボットが誕生 - マカフィー調査

1月以降、あらたに約1200万のIPアドレスがボットネットとして悪用されていることがわかった。2008年から50%増加しているという。

米McAfeeが第1四半期の脅威についてまとめたレポートで明らかになったもの。感染コンピュータの最多国は米国で全体の18%がゾンビPCだという。

2008年11月にスパム配信の元と待っていたISP「McColo」が遮断され、スパムは60%減少したが、こうしたボットネットはスパムのあらたな送信元として利用されており、すでに約70%を回復。前年同時期と比較した場合、20%少ない値を示しているが、ボットの拡大により今後もスパムが増加するおそれがあると同社では指摘している。

また同社は、1カ月間に800以上の新しい亜種が登場したウイルス「Koobface」の再流行や、違法コンテンツの配布に正規サイトの悪用されるケース、URLのリダイレクト、Web 2.0サイトの悪用される傾向が高まっているという。

さらにワーム「Conficker」において、亜種に含まれる自動実行機能を使ったマルウェアは、検出全体の10%と、脅威レポートにおける一部にとどまっていることを報告している。

(Security NEXT - 2009/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も