Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バイオメトリクスやICカードにも対応する認証基盤ソフト - ネットマークス

ネットマークスは、複数の認証デバイスを組み合わせて利用できる認証基盤ソフトウェア「SecureSuiteV」を5月より販売開始する。

同製品は、Windowsドメイン認証を行う際の本人認証にバイオメトリクス認証デバイスやICカードを利用できる認証基盤ソフト。1アカウントに対して、パスワード認証をはじめ、バイオメトリクスやICカードなど複数の認証を自由に組み合わせて利用できる。

Windowsドメイン認証だけでなく、シンクライアントの認証にも対応したほか、連携可能なアプリケーションに対して自動的にIDやパスワードを入力することができる「パスワードマネージャー機能」を用意している。

(Security NEXT - 2009/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用