Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスやスパムなど「豚インフルエンザ」の便乗攻撃が拡大

世界規模での感染拡大が懸念されている「豚インフルエンザ」に便乗したサイバー攻撃が広がっている。

すでに国立感染症研究所を装い、ウイルスが送りつけられるケースが報道されているが、トレンドマイクロによれば、これ以外にも、医薬品を販売する不正サイトへ誘導するスパム、通販事業者による便乗したマーケティング活動などを複数の攻撃が確認されているという。

スパムメールのなかには、「マドンナが豚インフルエンザに感染」といったゴシップ的な内容のものも含まれるという。また添付ファイルを利用した手口は、ZIPファイルのほか、「TROJ_PIDIEF.TY」「TROJ_PIDIEF.UA」など文書ファイルを装うケースや文書作成ソフトといったアプリケーションの脆弱性を狙ったウイルスが発生している。

こうした攻撃は「SARS」や「鳥インフルエンザ」といった攻撃も発生しており、トレンドマイクロでは、今後模倣犯が発生する可能性もあるとして、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を