Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスやスパムなど「豚インフルエンザ」の便乗攻撃が拡大

世界規模での感染拡大が懸念されている「豚インフルエンザ」に便乗したサイバー攻撃が広がっている。

すでに国立感染症研究所を装い、ウイルスが送りつけられるケースが報道されているが、トレンドマイクロによれば、これ以外にも、医薬品を販売する不正サイトへ誘導するスパム、通販事業者による便乗したマーケティング活動などを複数の攻撃が確認されているという。

スパムメールのなかには、「マドンナが豚インフルエンザに感染」といったゴシップ的な内容のものも含まれるという。また添付ファイルを利用した手口は、ZIPファイルのほか、「TROJ_PIDIEF.TY」「TROJ_PIDIEF.UA」など文書ファイルを装うケースや文書作成ソフトといったアプリケーションの脆弱性を狙ったウイルスが発生している。

こうした攻撃は「SARS」や「鳥インフルエンザ」といった攻撃も発生しており、トレンドマイクロでは、今後模倣犯が発生する可能性もあるとして、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少
偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 - Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を
Nintendo Switch人気に便乗、エミュレータに見せかけマルウェアを配布 - YouTubeで宣伝も
「個人情報を家族や友人にばらす」 - 金銭要求する脅迫メール
ランサムウェア、クリスマス商戦に便乗 - 偽配送メールに警戒を