Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゴールデンウィークに向けてセキュリティ対策を - IPAが呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、まもなくゴールデンウィークの長期休暇を迎えることから、セキュリティ対策を呼びかけている。

システム管理者に対しては、ファイアウォールやIPSの設定、セキュリティパッチの適用、データのバックアップのほか、不要なサービスの停止や機器の電源オフ、非常時における連絡体制の整備、データ持ち出し時の管理対策など、事前準備を推奨している。

またシステム管理者が不在時にウイルス被害や不正アクセスが発生した場合、被害が拡大するおそれがあるとして、企業の一般利用者に対してもセキュリティホールの解消やセキュリティ対策ソフトにおける最新定義ファイルの適用、バックアップの実施など呼びかけている。

さらに個人ユーザーについては企業の一般利用者と同様の対策にくわえ、インターネットを利用する機会が増えることから、「ワンクリック不正請求」による架空請求や、それに伴うパソコンの改ざんといった被害に遭わないよう警告。

またUSBメモリ経由で感染するウイルスが拡大していることから、出所がわからないUSBメモリの利用や、自身のUSBメモリを不特定多数が利用するパソコンへ接続したりしないようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2009/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
年末年始の長期休暇に備えて事前対策を - ランサムウェアにも注意を
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
12月修正の「Flash Player」脆弱性が攻撃対象に - 確実にアップデートを
年末年始の長期休暇に向けて事前対策を
長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ
長期休暇前にセキュリティ対策の再確認を - 盆休み重なるMS月例パッチにも注意を
GW休暇前に対策の再確認を - サポート終了のJava SE 7に注意