Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学校向けにフィルタリングソフト「InterSafe」を定額で提供 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、フィルタリングソフト「InterSafe」の「学校向け無制限ライセンス」および「教育機関サーバフリーライセンス」の提供を開始した。

同製品は、不正サイトへのアクセスをURLフィルタリングにより防止するセキュリティ対策製品。今回発売となる「学校向け無制限ライセンス」では、料金体系に1校あたり20万4750円/年の定額を採用した。ライセンス数ごとに値段が変わるアカデミックライセンスと平行して提供される。

対象は、文部科学省認可の幼稚園や小中高校、特別支援学校のほか、厚生労働省認可の保育園など。クライアントを追加導入した場合にも追加費用が発生せず、バージョンアップも無償で提供される。

また「InterSafe」のライセンスを、追加料金なしに複数サーバで運用することができる「教育機関サーバフリーライセンス」を教育委員会や教育センターなど教育機関を対象に提供する。

(Security NEXT - 2009/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供
WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント
お菓子の「ポッキー」や「ビスコ」でプログラミング学べるアプリ「グリコード」