Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIA、ネット安全利用の啓発に関する講習会

セーファーインターネット協会は、「SIA認定ネットセーフティ・アドバイザー講習会」を4月より全国6都市で順次開催する。

同講習会は、学校や地方自治体、公共団体などにおいて、安全なインターネット利用に関する教育啓発事業や相談事業などに従事している人を対象としたもの。

同協会が認定する「ネットセーフティ・アドバイザー」について解説。インターネット利用におけるトラブルの対処、予防などを学ぶ。修了者には、「SIAネットセーフティ・アドバイザー」の認定資格を授与する。

従来東京のみだったが、全国で開催。4月13日の大阪での開催を皮切りに福岡、名古屋、札幌、仙台、広島の6都市を予定している。受験料は4320円。

(Security NEXT - 2019/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状