Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供

GRCSは、クラウド型教育サービスの一部コンテンツを、教育機関を対象に期間限定で無償にて提供する。

休校措置などでオンライン学習やインターネットを利用する機会が増えているとして、同社が提供するクラウド型教育サービス「シンプラZ」において、標的型攻撃対策やフィッシング対策の学習コンテンツを中学校や高校、教育委員会などの組織へ無償で提供するもの。

ゲーム感覚でセキュリティを学ぶ学習コンテンツで、フィッシングなどの偽装メールが次々と送りつけられる主人公となり、危機を乗り切って人魚姫を救い出す内容だという。

提供期間は申込日より5月6日まで。専用のウェブフォームにて受け付ける。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC