Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供

GRCSは、クラウド型教育サービスの一部コンテンツを、教育機関を対象に期間限定で無償にて提供する。

休校措置などでオンライン学習やインターネットを利用する機会が増えているとして、同社が提供するクラウド型教育サービス「シンプラZ」において、標的型攻撃対策やフィッシング対策の学習コンテンツを中学校や高校、教育委員会などの組織へ無償で提供するもの。

ゲーム感覚でセキュリティを学ぶ学習コンテンツで、フィッシングなどの偽装メールが次々と送りつけられる主人公となり、危機を乗り切って人魚姫を救い出す内容だという。

提供期間は申込日より5月6日まで。専用のウェブフォームにて受け付ける。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
組織強化トレーニングを提供 - 日立ソリューションズ・クリエイト