Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審者を自動追尾し、ズームできる監視ソリューション - NECシステムテクノロジー

NECシステムテクノロジーは、防犯カメラにおける映像解析技術を開発し、カメラ接続タイプの製品として3月2日より販売を開始する。

今回製品化された「AlertEye」は、監視カメラによる撮影と映像解析を同時に行う監視ソリューション。侵入者の自動追尾や物品の置き去り、持ち去りの発見することができる。

自動で対象を追尾してズーム表示を行うことが可能。既存のアナログ式防犯カメラや赤外線カメラの映像にも対応した。

価格は、画像解析ソフトとユニットがセットで37万8000円。画像解析ソフトウェアのライセンス販売も実施する。

(Security NEXT - 2009/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス
日本ユニシス、撮影映像を記録しない映像解析サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」