Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル送信、共有サービスに「上長承認機能」 - 日本ワムネット

日本ワムネットは、ファイルの送信や共有が行える企業向けサービス「GigaCC」に「上長承認機能」が利用できるプレミアムプラン「GigaCC ASP Premium」を追加した。

同サービスは、機密情報や大容量データを外部と送受信や共有が行えるサービス。今回導入された「上長承認機能」は、ファイル送信時に上長の承認を必須とする機能で、操作ミスによる誤送信や外部への流出などを防止することができる。

またファイル送信について上長が承認した日時や操作者、内容など操作ログをレポートとして出力できる。

(Security NEXT - 2009/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ