Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

減少していたスパムの流通量が再び増加 - メッセージラボ

ISP「McColo」の業務停止により、ボットネット経由のスパムが減少していたが、再び増加傾向にあることがわかった。メッセージラボジャパンが、1月に検知したスパムやウイルスの状況をまとめたもの。

同社によれば、流通するメールにおけるスパムの割合は74.6%で、前月から4.9ポイント増加した。McColoが業務停止になったことからスパムの送信量が減少していたが、再び以前の水準に戻りつつあるという。

もっとも活発だったボットネットは「Mega-D(Ozdoc)」で、1分あたり2600万件以上のスパムメールを送信。また最大のボットネットである「Cutwail(Pandex)」は100万以上のアクティブなIPを保有するほか、「Xarvester」「Donbot」などあらたなボットネットが確認されている。

傾向としては、投機性が高い低位株の購入を煽るスパムが増加した。またオバマ新大統領の就任式や中東の不安定な情勢の話題が悪用されたという。

ウェブベースのマルウェアは11.5%が新種で、マルウェアなどが感染するおそれがあるサイトは1日あたり1208件のを特定されており、前月より6.2ポイント上昇した。

ウイルス感染メールの割合は、2008年12月から0.12ポイント減少して0.39%。また一方悪質サイトへのリンクを含むメールは微増し11.8%だった。またフィッシング攻撃の割合においては、0.14ポイント減少し、0.25%となっている。

(Security NEXT - 2009/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か