Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クリプト便」に管理者による送信内容の確認機能を追加 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、ファイル送受信サービス「クリプト便」のログ機能を拡張し、「メッセージアーカイブ機能」を追加した。

「クリプト便」はセキュリティを配慮したデータ送信サービス。従来より送受信者情報や送受信時刻、送信ファイル名などログ機能により確認することが可能だったが、今回の機能強化では、セキュリティ管理者がファイル内容を確認できるようになった。

ファイルの内容にくわえ、同サービスにより暗号化された状態を確認したり、受信期間など送信者が設定したオプション情報についても確認することができる。また利用者が利用しているメールアーカイブ環境にあわせ、転送するデータ形式を変更できる。

(Security NEXT - 2009/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品