Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書貸し出し時に誤って個人情報が流出 - 横浜市磯子図書館

横浜市の磯子図書館において、図書の予約割当票が入ったまま図書を貸し出していたことがわかった。予約票は業務上利用しているもので個人情報が記載されていたという。

12月23日に本を所蔵している緑図書館において、予約票を見つけた利用者の指摘により問題が判明したもので、図書館では予約票を回収した。

通常、予約票は貸し出し時に廃棄しているが、誤ってはさんだまま貸し出し処理を行っていた。カードには、氏名や電話番号、予約図書名などが記載されており、同市では個人情報が流出した関係者へ翌日24日に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設