Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書貸し出し時に誤って個人情報が流出 - 横浜市磯子図書館

横浜市の磯子図書館において、図書の予約割当票が入ったまま図書を貸し出していたことがわかった。予約票は業務上利用しているもので個人情報が記載されていたという。

12月23日に本を所蔵している緑図書館において、予約票を見つけた利用者の指摘により問題が判明したもので、図書館では予約票を回収した。

通常、予約票は貸し出し時に廃棄しているが、誤ってはさんだまま貸し出し処理を行っていた。カードには、氏名や電話番号、予約図書名などが記載されており、同市では個人情報が流出した関係者へ翌日24日に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設
防災センターでメール送信ミス、一部メアドを宛先に - 横浜市
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
DV被害者による住民票開示制限申出書を紛失 - 横浜市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大