Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft SQL Server」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃用の検証コードも

マイクロソフトは、「Microsoft SQL Server」に外部からリモートでコードが実行される脆弱性が明らかになったとしてアドバイザリを公開し、現在調査を進めている。

脆弱性が含まれるのは「Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4」「Microsoft SQL Server 2005」「Microsoft SQL Server 2005 Express Edition」「Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine」「Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine」「Windows Internal Database」 。

「Microsoft SQL Server 7.0 Service Pack 4」「Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 3」「Microsoft SQL Server 2008 」は影響を受けない。

脆弱性に対する攻撃を行うためには、脆弱性が含まれる「Microsoft SQL Server」をインストールしたシステムへの認証が必要だが、同ソフトをウェブアプリケーションのバックエンドとして利用している場合、SQLインジェクションの脆弱性を利用して攻撃が行われる可能性もあるという。

すでに脆弱性の検証コードがインターネット上へ公開されており、同社では検証用コードによる攻撃を回避するための対策や緩和策を公開し、対策を呼びかけている。さらに同社では、詳細について調査が完了次第、定例外のセキュリティ更新プログラムの提供などを含め、対策を実施する予定。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (961040)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/961040.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認