Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割がウイルス感染の原因に心当たり - ファイル共有ソフトの人も

ウイルスへ感染した経験のある8割の人が、原因や経路について心当たりがあることが、アイシェアの調査で明らかになった。

同社が、ネットを利用する20代から40代を中心とした同社サービス会員417人に対して、セキュリティ対策ソフトの利用状況やウイルス感染の経験などについて調査を実施し、判明したもの。

同社の調査によれば、9割強のユーザーがウイルス対策ソフトを導入していたが、4.8%が2008年にウイルスへ感染した経験を持っており、過去に感染した経験があるとの回答も32.1%に上るなど4割に感染経験があった。

さらに感染経験者に対して、感染原因や経路に心当たりがあるかを調べたところ、46.8%が「心当たりがある」と回答。「なんとなく心当たりがある(30.5%)」をあわせると77.3%に上った。

感染の原因については、「特定サイトへのアクセス」や「ファイルのダウンロード」などネット経由の感染がもっとも多く、メールの添付ファイルを理由とするユーザーも目立った。また「ファイル共有ソフト」との回答も複数見られたという。

(Security NEXT - 2008/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク