Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割がウイルス感染の原因に心当たり - ファイル共有ソフトの人も

ウイルスへ感染した経験のある8割の人が、原因や経路について心当たりがあることが、アイシェアの調査で明らかになった。

同社が、ネットを利用する20代から40代を中心とした同社サービス会員417人に対して、セキュリティ対策ソフトの利用状況やウイルス感染の経験などについて調査を実施し、判明したもの。

同社の調査によれば、9割強のユーザーがウイルス対策ソフトを導入していたが、4.8%が2008年にウイルスへ感染した経験を持っており、過去に感染した経験があるとの回答も32.1%に上るなど4割に感染経験があった。

さらに感染経験者に対して、感染原因や経路に心当たりがあるかを調べたところ、46.8%が「心当たりがある」と回答。「なんとなく心当たりがある(30.5%)」をあわせると77.3%に上った。

感染の原因については、「特定サイトへのアクセス」や「ファイルのダウンロード」などネット経由の感染がもっとも多く、メールの添付ファイルを理由とするユーザーも目立った。また「ファイル共有ソフト」との回答も複数見られたという。

(Security NEXT - 2008/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か