Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索キーワードランキングから私的利用を把握できるフィルタリングソフト新版 - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、情報漏洩対策機能などを追加したウェブフィルタリングソフト「InterSafe Ver6.0 SP1」を発売する。

今回のバージョンアップでは、情報漏洩対策機能を追加。掲示板やウェブメールなど、外部へアップロードされたファイルをPOSTログから検索し、復元することができる。

また内部統制支援機能を強化し、PDCAサイクルの面からポリシーが適正に運用されているがチェックすることが可能。規制サイトにアクセスしたユーザーからの解除申請を受け付けることができ、ワンクリックで登録や結果の通知が行える。

さらにログレポートツール「LogLyzer Ver6.0 SP1」を利用し、検索キーワードの履歴から私的利用の状況を分析でき、キーワード規制などに活用することができる。

(Security NEXT - 2008/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ