Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールやウェブのフィルタリングソフトを機能強化 - キヤノンITソリューションズら

キヤノンITソリューションズとNECソフトは、メールフィルタリングソフトとウェブフィルタリングソフトの新バージョンを12月15日より発売する。また2製品を統合した製品も用意されている。

メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL Ver7.2」は、送信メールのアーカイブ機能や内容や宛先をチェックするフィルタリング機能を搭載したソフトウェア。個人情報検査機能なども備えており、「Standardモデル」にくわえ、全文検索機能が利用できる「Advancedモデル」が用意されている。

今回発売となる最新版では、メール監査の統計機能を強化。管理者における保留メールの監査や管理者の監査進捗状況を分析できるようになった。フィルタリングルールの条件についてもより細かく設定できるようになり、対応する圧縮ファイルフォーマットを拡充。ファイルタイプ判定にも対応している。

一方、「WEBGUARDIAN Ver3.3」は、閲覧制限機能や外部に送信するデータの検査、アーカイブ機能などを備えたウェブフィルタリングソフト。今回のバージョンアップで、インスタントメッセンジャーの使用制限や送信するメッセージのキーワード検査に対応。送信メッセージ内容をセッション単位で集約して閲覧できるなどユーザビリティを向上させた。

さらに両者では2製品を統合した「GUARDIANSUITE Ver4.2」についても同時に発売するほか、新バージョン発売を記念し、「WEBGUARDIAN」を特別価格で販売するキャンペーンを展開する。

価格は、「GUARDIANWALL Standardモデル」が100万8000円、「WEBGUARDIAN」が89万2500円、「GUARDIANSUITE」が171万450円から。いずれもユーザー数により価格は変動し、年間保守費用が別途必要。

(Security NEXT - 2008/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ